海外旅行はコンパクトなパッキングで「こなれ感」を出そう!

海外旅行はコンパクトなパッキングで「こなれ感」を出そう!

海外旅行はコンパクトなパッキングで「こなれ感」を出そう!



海外旅行を身軽に楽しみたいなら、荷物を最小限にすることが重要です。あれもこれもと詰め込みすぎて、大きくなった荷物がストレスになっていませんか。1週間程度の海外旅行を想定して、コンパクトに荷物をまとめるテクニックをご紹介します。


1 衣類は、軽くてシワになりにくいものを厳選



せっかくの休暇には、おしゃれをして旅行を楽しみたいものです。服を選ぶときには、なるべく軽くて、シワになりにくい素材を選びましょう。定番のTシャツやカットソーは綿素材でもOKですが、ドレスアップ用のワンピースやスカートは、ポリエステル素材のものがおすすめです。

カジュアルファッションに欠かせないジーンズは、意外と重くて、かさばるので、旅行にはおすすめしません。どうしてもジーンズをはきたい場合は、荷物に入れずに、着用していくといいかもしれません。

2 化粧品は小型ボトルに詰め替え


毎日必ず使うシャンプーやコスメもかなり重さがある荷物です。シャンプーやソープにこだわりがないという人は、ホテルに備えつけられたものを使ったり、現地調達をすれば、荷物はぐんと減らせます。

しかし、おしゃれな人は、使い慣れた化粧品やシャンプー類にもこだわりがあるはず。そんなときは、愛用の化粧品やシャンプー類を、小型ボトルに詰め替えて持って行きましょう。

少量パックになっているトライアルセットや旅行セットをかしこく利用するのもおすすめです。機内持ち込み荷物に入れられるように、100ml以内の容量で作られているものが多いですね。


3 中身がわかりやすい仕分けを工夫



スーツケースの中で、荷物がごちゃごちゃにならないように、きっちり仕分けをしておくと、旅行中のストレスが軽減されます。

おしゃれなポーチよりも、透明のファスナーつきビニールケースがおすすめです。パスポートなどの重要書類、化粧品、薬、コンタクトレンズ類、スマートフォンのコード類を、中身が見えるように仕分けしておくと、使いたいものがすぐに見つかるので便利です。

衣類は、袋に入れて仕分けするより、昔ながらの風呂敷が重宝します。風呂敷を広げれば、中身が一目瞭然、包み方でサイズも調整できます。風呂敷なんて持っていないという人は、正方形のスカーフで代用できますよ。

(まとめ)
海外旅行のパッキングのコツは、もしかしたら使うかもというレベルのものは、荷物に入れないと決めることです。最小限の荷物でサバイバルな旅をすることを楽しみ、いざとなれば現地で買えば大丈夫というくらいの気持ちで、パッキングに臨みましょう。この基本的なポリシーで、海外旅行が楽しめたら、あなたも旅の達人になりますよ。