和アイテム「懐紙」を日常生活に取り入れて美人度アップする意外な活用法

和アイテム「懐紙」を日常生活に取り入れて美人度アップする意外な活用法

和アイテム「懐紙」を日常生活に取り入れて美人度アップする意外な活用法



和ブームが起きているここ数年で、日本では歴史のあるアイテムである「懐紙」も可愛い柄のものがたくさん出回るようになりました。しかしお店で懐紙が売られているのを見かけたことはあるものの「実際、何に使うの?」「どうやって使うの?」と思っている方も多いかもしれません。
そこで、美人度がアップするような日常生活への懐紙の取り入れ方をご紹介します。


「懐紙」ってそもそもどんなもの?



「懐紙」は文字どおり、懐(ふところ)紙と書きます。二つ折りの和紙で、茶道の席では必ず懐中する(着物の懐に挟む)もののひとつです。出されたお菓子をいただく際にお皿代わりに使ったり、お茶を飲んだ後に茶碗の口を付けたところを指先で拭った後にその指先を清めたりするなどして使うのが本来の使用法です。
お皿代わりに使う際には、懐紙を横向きにし、二つ折りの輪の部分を下(自分側)に向けます。また持ち運ぶ際には、懐紙がよれよれにならないよう懐紙入れ等に入れます。


まずはここから!美人度がアップする「懐紙」の使い方



ところで、美人度をアップさせるなら、まずはあらたまった席で日本料理をいただく際に懐紙があると大変便利です。
例えば、尾頭付きの焼き魚の骨をほぐすときに、左手で魚の頭を直接指で押さえるのではなく懐紙を折りたたんで使えばスマートですし、手も汚れません。
食事中に指先や口元をちょっと拭ったり、テーブルの上にこぼれた水滴などを拭いたりするのにも使えます。
また、和食の際のマナー違反のひとつである「手皿」(料理を口に運ぶ際に、こぼれないように片手をお皿のようにする仕草)にならないよう、懐紙をお皿代わりにしてそっと口元に運ぶと「お!この人ちゃんとわかっているな」と、周囲から一目置かれる素敵な所作にも映ります。
正式な茶席では無地、または透かし柄、浮彫柄の白の懐紙を使いますが、普段使いにはカラフルな柄のものも可愛くておすすめ。


かさばらない懐紙はもっと応用できる!



ところで、筆者はいつもバッグの中に懐紙を入れて持ち歩いています。財布や手帳と一緒にしてもかさばらず、メモや一筆箋代わりにしたりポチ袋代わりにしたりもでき、便利です。
お金やチケットは“むき出し”でやり取りするのではなく、ちょっと懐紙に挟んで渡すだけでも相手に丁寧な印象を与えやすくなります。



さらにはおもてなしのお菓子のお皿代わりにも、お皿に天ぷらを盛り付ける時のあぶら取り紙としても幅広く使えます。その時には、二つ折りの上部を少し右側にずらして使います(慶事の場合)。
またお客様をおもてなす際に、カラフルな懐紙を折りたたんで箸袋にしたりコースター代わりにしたりする使い道も素敵です。

一般的な懐紙の価格は、一束30枚入りでおおむね200円~300円台くらいです。専用の懐紙入れが手元になくても、ぜひみなさんも厚手の封筒に入れたり自作したオリジナルの懐紙入れを使い、普段から懐紙を持ち歩いてみてください。
きっと所作の美人度がアップするはずです。


ビューティアンバサダー:大森由美子
大森園株式会社(お茶の大森園)代表取締役
日本茶インストラクター・リーダー

1971年 札幌生まれ
北海学園大学経済学部経済学科卒業
シンガポール航空会社国際線客室乗務員、海外ツアーコンダクター等、旅に関わる仕事を経て、現在札幌市内で日本茶専門店を営む。
小学生向けのお茶のイベント「T-1グランプリ」の企画・運営など、日本茶の普及活動も行う。

http://www.oomorien.co.jp
https://www.facebook.com/ochanooomorien