美肌を育むつもりが逆効果に!? 紫外線吸収を緩やかにフォローする赤サラダのレシピ

美肌を育むつもりが逆効果に!? 紫外線吸収を緩やかにフォローする赤サラダのレシピ

美肌を育むつもりが逆効果に!? 紫外線吸収を緩やかにフォローする赤サラダのレシピ



「今、口にしたものがあなたの美肌をつくります」をテーマに「食」を通して美肌づくりの情報発信をしている、上級美肌食マイスター・藤屋知子です。今回は、「食べ物から紫外線対策」をテーマでお話します。

まずは、みなさんに質問です。
次のうち、朝食によく登場する食材はありますか?

□キウイフルーツ
□グレープフルーツ
□オレンジ
□レモン(orライム)
□きゅうり
□セロリ
□クロレラ(サプリに含まれていることも多い)

これらの食材は、美肌成分「ビタミン・ミネラル・酵素」をたっぷり含んでいて、そのまま食べたり、フレッシュジュースやスムージーにしたりとすると、朝食にピッタリの食材と言われています。
……が一方で、紫外線を浴びると、日焼けによるシミや赤み、色素沈着など、さまざまな肌トラブルを引き起こす「ソラレン(光毒性成分)」と呼ばれる成分もたっぷり含んでいると言われているため、毎朝食べている人はちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。。
柑橘系アロマ精油に配合されていることもある「ソラレン」は、食後約2時間で活発になり7時間ほどその作用が持続するといわれています。ですから、朝食に摂ると、紫外線が猛威を振るう昼間の時間帯にフル活動しやすく、通常よりも多く紫外線を吸収してしまう可能性があります。
そのため日が長い時期には、昼食でもできるだけ控えたほうが安心です。
春から夏にかけた紫外線がビシバシ降り注ぐシーズンには、これらの食材はぜひ、夕方以降のお食事で積極的に摂り入れて、肌へ必要な栄養素を送っていただくよう筆者はおすすめします。。


朝食・昼食におススメのフレッシュ野菜の「レッド“フル”美肌サラダ」レシピ



そこで、ソラレンの含有量が少ない野菜を組み合わせながら食欲を心地よく刺激するとされている「赤」で彩った「レッド“フル”美肌サラダ」をご紹介します。
それぞれの食材の横に、食材に含まれる成分と期待できるとされる美肌メリットも()書きで記しました。


《材料》



・レタス:不溶性食物繊維(便秘予防や解消を狙える)
・キャベツ:ビタミンC(抗酸化作用によるシミ予防や、コラーゲン生成を促しハリのある肌を目指す)
・ミニトマト:リコピン(抗酸化作用によるシミ予防)
・レッドパプリカ:カプサイシン(代謝改善)

*キャロットドレッシング
・人参:βカロチン(抗酸化作用によるシミ予防)
・オリーブオイル:オレイン酸(腸や血管のエイジングケアで肌の状態を整える)
・ビネガー(酢):アミノ酸(肌再生へのアプローチ)

・塩・こしょう(お好みの味に調整してください)


美肌を目指したい人が注意したいポイント



◇リコピンはトマトの皮の部分に多く含まれているため、皮が厚いミニトマトの方が多く含まれています。
◇人参はすりおろしてオイルと混ぜると、脂溶性ビタミン「βカロチン」の吸収力がアップ!
◇ビネガー(酢)の中でアミノ酸含有量が多いのは「黒酢」。
◇サラダにボリュームを出したい時は肌の材料「タンパク質」をプラス!
たとえば…
・卵(卵黄):リン脂質(細胞膜の材料となり、肌のキメを整える)
・チーズ:ビタミンB2(肌と粘膜を健康に保つ)乳酸菌(腸内環境を整える)
・鶏胸肉:ビタミンB6(皮膚や粘膜を健やかに保つ)こちらは、酒蒸しにすると酒の保水効果でお肉のパサパサした食感が軽減できます。。

「朝はスムージー派」という方は、トマトと赤パプリカに、赤いりんご(できれば抗酸化成分が多い皮ごと)を加えた「レッド“フル”スムージー」で、美肌キープ&エネルギーチャージを。
(詳しくは、 https://www.facebook.com/hba.jp/posts/724036661120651 でもご紹介しています)

最後に、朝食、ランチのメニュー選びの参考に、「ソラレン」が少ないとされている食べ物をご紹介します。
よろしければ、サラダ作りの参考にしてみてください。

・りんご
・スイカ
・いちご
・バナナ
・もも
・ぶどう
・根菜(大根、ごぼう、にんじん、かぶなど)
・かぼちゃ
・ネギ など


上級美肌食マイスター/肥満予防健康管理士・藤屋知子

https://katsu-bihada.jimdo.com/