旬の食材を使った簡単秋レシピ 老化と乾燥から肌を守る“油揚げの美肌ピザ”

旬の食材を使った簡単秋レシピ 老化と乾燥から肌を守る“油揚げの美肌ピザ”

旬の食材を使った簡単秋レシピ 老化と乾燥から肌を守る“油揚げの美肌ピザ”


こんにちは。ホッカイドウ ビューティープロジェクト アンバサダー、上級肌食マイスターの藤屋知子です。
「今、口にしたものがあなたの美肌を作ります!」をコンセプトに、食を通して美肌のアドバイスをしています。

今回は、美肌食マイスター資格講座テキストからピックアップした夏~秋の旬素材を組み合わせた『油揚げの美肌ピザ』をご紹介します。

ピザソースは「鮭」入りのトマトソース


トマトの抗酸化成分「リコピン」は、体内で悪さをする4種類の活性酸素の中でも特にお肌へのダメージを大きくする一重項酸素の撃退力に優れている美肌成分です。
この時期は、海産物に赤い色素として含まれる優良抗酸化成分「アスタキサンチン」をたっぷり含む「秋生鮭」を組み合わせるのがおすすめ!
新鮮で美味しい生鮭がお手頃価格で手に入る北海道民ならではの美肌づくりです。
ちなみに「泳ぐ栄養カプセル」とも呼ばれている鮭。その一つ「小顔づくり」に役立つ“魔法の成分”については、こちらをご参照ください。

【秋鮭に含まれる「魔法の物質」?】https://www.facebook.com/hba.jp/photos/a.177823632408626.1073741828.174117919445864/616971668493818/?type=3&theater

トッピングは乾燥時期を前に肌の保湿を高める「オクラ」


肌老化に対抗する抗酸化成分は、上の写真のように鮮やかな色どりの野菜に豊富に含まれています。
今回選んだ野菜はオクラ。この時期は国産のオクラが手に入りますので、積極的に摂り入れてくださいね。
その美肌効果は、オクラのネバネバ成分「ムチン(ムコ多糖体)」による保湿力!天然のヒアルロン酸とも呼ばれるオクラで、これから到来する乾燥期へ向けて素肌力を高め、潤い肌をキープしましょう!

『油揚げの美肌ピザ』レシピ


☆材料☆
油揚げ・・・・一袋(5枚)
生秋鮭・・・・1~2切れ
トマト缶・・・1/2缶
オクラ・・・・4~5本
とけるチーズ・適量
塩・こしょう・適量

☆作り方☆

【下準備】
・油揚げはザルなどにあけて、全体に熱湯をかけ油抜きをします。
→ 余分な酸化油を取り除く油抜きは、抗酸化力をつける美肌食ではとても大切!
・生秋鮭は全体にうすく塩をふって10分程度おいてから、余分な水分をふき取ります。
→ 魚独特の臭みが強い鮭。この処理をするかしないかで大きく味に差が出ますので、
ひと手間を惜しまずに!
・オクラは熱湯に数秒くぐらせて湯通ししておきます。
→ さっと湯にくぐらせてグリーン色を鮮やかにします。
薄く輪切りするので、うぶ毛やとげの処理は必要ありませんが、
気になる方は塩をふってゴロゴロさせて取り除いてください。

1)生秋鮭を焼いて、小骨に注意しながら身をほぐします。

2)フライパンや鍋にトマトと鮭を入れ、水っぽさがなくなるまで煮詰め、
最後に塩・こしょうで味を整え、トマトソースをつくります。
煮詰める前に隠し味として醤油を少し入れると“いい塩梅”になりますよ♪


3)フライパンにクッキングシートを敷き、上に油揚げを置いて、
2のトマトソース、チーズ、オクラの順に乗せていきます。


4)チーズが溶けるまで焼いたら完成です。
油揚げの裏面が焦げないように時々、裏面の焼き具合をチェックしてくださいね。


☆コツ・ポイント☆
・焼く時にクッキングペーパーを敷くと、取り出しやすくなります。
オーブントースターやオーブンなど、普段使っているもので焼いてももちろんOKです。

・トマトソースの味をアレンジしたい時のおススメハーブ・スパイス
〔生姜〕肌老化防止(抗酸化)
〔ローズマリー〕肌老化防止(抗酸化)
〔タイム〕心身の疲労回復(夏バテ気味の方はぜひ!)
〔バジル〕便秘解消(肌を映す鏡の腸を整えます)

・生野菜と一緒に盛り付けたら全体にオリーブオイルをかけて美肌効果プラス
オリーブオイルの色素成分であるクロロフィルは、体内の毒素を排泄するデトックス作用を持っており、ニキビや吹き出物などの炎症を鎮める働きがあります。

上級美肌食マイスター/肥満予防健康管理士 藤屋知子
https://katsu-bihada.jimdo.com/