夏こそ気をつけたい「おブス髪」 残念パサつき髪をでうる艶髪にする方法♪

夏こそ気をつけたい「おブス髪」 残念パサつき髪をでうる艶髪にする方法♪

「髪は女の命」。いつでもつやつやの髪をキープしていたいものですよね。特に何かとお出かけの機会が増える夏は、どんなにおしゃれをして可愛くメイクをしても、髪がパサパサだと気分も上がらないし、まわりの視線が気になっちゃう! 実は夏のパサつき髪の原因のひとつは紫外線だと知っていましたか? 今年の夏はしっかり対策をして楽しい夏を過ごしましょ

髪が紫外線を浴びるとどうなるの? 頭皮からもダメージを受けるってホント!?

紫外線を浴びると地肌の水分が失われて髪のたんぱく質がゆがみ、髪が内部から乾燥してしまいます。枝毛や切れ毛が増え、パサパサヘアーの原因に。また、「ついこの間カラーリングしたばかりなのに、夏場は退色する周期がなんだか早い」と感じたことはありませんか? 実はこれも日焼けが原因のひとつになっていること場合があります。お肌のシミの元にもなるといわれるUV‐B波は、髪のメラニン色素を分解してしまうため、髪の色を赤茶けた色に変色させてしまいます。

髪のことならこの人に聞け!AUBE hair lutella札幌4号店店長の上田翔太郎さんがアドバイス

せっかくきれいな色にカラーリングをしたばかりなのに、あっという間にパサパサの赤毛に…なんて悲しすぎます!! さっそく対策方法をプロのスタイリストさんに聞いてきました。ドラッグストアなどにもヘアケア用品はたくさん並んでいるけれど、どんなことに気をつけて選んだら良いのでしょうか?

「日焼け予防には、SPF表記のあるUV対策用のトリートメントを。ドライ前に1度、ドライ後にもう一度使うとより効果的です。また、スカルプトリートメントを購入する場合は、使い方と成分に注意してください。ノンシリコン表示のあるもの以外は、地肌に直接つけるのは避けて」と上田さん。

スカルプというと地肌に良いイメージがありますが、実は市販のものにはカオチン界面活性剤という成分が含まれているものが多く、この成分が頭皮の毛穴をつまらせてしまうそう。購入前に表示をチェックして自分に合うものを見つけて。

気をつけていたけれど日焼けしちゃった!そんなときは?

「長時間屋外で過ごした日など、肌がピリピリするような日焼けをしてしまった後は、アミノ酸系の界面活性剤が配合されたシャンプーがおすすめです。洗浄力が強くない分、頭皮への刺激を抑えられます。さらにその後も頭皮の乾燥が気になる場合はホホバオイルや馬油などを使ってやさしく頭皮をマッサージしてください」(上田さん)

ただ、ダメージが進行してしまい、枝毛になってしまうと日常のトリートメントでは補いきれないことも。細胞分裂を繰り返して傷などを修復するお肌などとは違い、髪の毛は死滅細胞と呼ばれる細胞でできているため、一度傷んでしまうと治癒する力はありません。「その場合は傷んだ部分をカットし、傷んでしまった毛先(分かれてしまった細胞)の断面を整えることで、伸びてきたときに再び枝毛になるのを防ぐことができます」

いかがでしたか?夏こしっかり髪をいたわれば紫外線もこわくない!お出かけも増えるこの季節。つやつやの髪でみんなの視線を独り占めしちゃいましょう

AUBE hair lutella札幌4

札幌市中央区北四条西3-1 札幌駅前合同ビル9F

営業時間 9:00~22:00

定休日 無休

TEL 011-218-1326

AUBE hair lutella【札幌4号店】