自分に似合う色を知っていますか?【メイクアドバイス付き】セルフパーソナルカラー診断

自分に似合う色を知っていますか?【メイクアドバイス付き】セルフパーソナルカラー診断

自分に似合う色を知っていますか?【メイクアドバイス付き】セルフパーソナルカラー診断


「パーソナルカラー」という言葉を、一度は耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と雰囲気が調和した色(似合う色)を示す言葉です。
人それぞれ個性が違うように、似合う色もそれぞれ違います。
今回は、



似合う色を知ると、もっと素敵に見せられる!


好きな服を着ているのに沈んで見える、トレンドのリップを買ったのに顔色がパッとしない……など、鏡に映る自分を見て「なんとなく素敵に見えなかった」という経験はありませんか?
例えば、同じ「赤」といっても、たくさんの赤の種類があります。どんな「赤」が似合うかは、人それぞれ。
この“似合う色”を知ることができれば、自分を素敵に見せてくれる色の選び方もわかりやすくなるだけでなく、買い物の失敗も減り肌がきれいに見えるメリットも期待できます。
本来はプロに診断してもらうほうが確実ですが、今回は簡単なセルフ診断をご紹介します。


「イエベ」と「ブルベ」あなたはどっち?

パーソナルカラー診断では、肌の色を「イエローベース」と「ブルーベース」の2タイプに分けます。さらに「イエローベース」は「春」と「秋」、「ブルーベース」は「夏」と「冬」の4タイプに分類されます。
「イエローベース」の人は、手首の血管が緑っぽく見え、瞳は茶色、白目がアイボリー、目のクマは青く見え、日焼けすると肌が黒くなるタイプ。アクセサリーは、ゴールドが馴染みます。
「ブルーベース」の人は、手首の血管が青く、目の色は黒、白目がやや水色っぽく、目のクマは茶色で、日焼けすると肌が赤くなるタイプ。アクセサリーは、シルバーが馴染みます。
さらに、それぞれのタイプごとの細かい特徴と似合う色は、次の通りですので、ご自分のタイプがわかったところで、ぜひ参考にしてみてください。


春・夏・秋・冬それぞれの似合う色やメイクポイントは?



色素や皮膚感が薄く、透明感があり明るい印象。ツヤのある黄みがかった髪色、明るい色の瞳、コーラルピンクの唇。
→似合う色は、カラフルなお花畑やビタミンカラーのコーラルピンク・マンダリンオレンジ・アプリコットなど。メイクは、黄み系を使った暖かみのあるメイクがオススメ。アクセサリーはゴールド・さんご・トルコ石・ダイヤ。



色白でピンクがかった肌が多く、肌質はマット。エレガントさとソフトさを持ち合わせるタイプ。やわらかなマット寄りの黒髪、青みのある唇、やわらかな黒い瞳。
→似合う色は、浴衣に見られる柔和で優しいラベンダー・スカイブルー・レモンイエローなどのグレイッシュカラーやパステルカラー。メイクは、青み系のソフトな色合いがオススメ。アクセサリーは、シルバー・プラチナ・ガーネット・サファイア・アメジスト。



血色感がなく黄みを帯びているなめらかなマット肌。色味がないのが特徴。やわらかく深い癒し系の雰囲気。オレンジか緑がかった髪色、瞳は深みのあるこげ茶。
→似合う色は、サーモンピンクやカレー・マスタードなどのスパイシーカラーや紅葉や枯葉などのアースカラー。黄み系を使った、深みのある落ち着いた印象のメイクがオススメ。アクセサリーはさんご・琥珀・ゴールド・オパール。



つややかな黒髪と肌、漆黒の瞳。血色のあるはっきりとした顔立ちで、モダンでシャープなクールビューティ。
→似合う色は、深紅・ローズピンクなどのビビッドカラーやシャーベットのようなアイシーカラーやモノトーン。夜空に輝くネオンカラー。青みを帯びた色を使ってメリハリのあるメイクがオススメ。アクセサリーはシルバー・プラチナ・パール・ルビー。

パーソナルカラーを身につけると、肌の透明感が増したように見えたり顔立ちがすっきりと見えたりといったメリットがあります。
ただしパーソナルカラーと雰囲気や自分の好きな色は、必ずしも一致するわけではありません。
“好きな色”だけでなく“似合う色”を考慮すると、ファッションやメイクによって自分にあった魅力をより引き出してくれる手助けにも。

2018春夏のトレンドカラーはピーチピンク・パステルブルー・レモンイエロー・グリーンなどの「淡い色」や「アースカラー」です。上手に取り入れながらメイクやファッションをより楽しんでみてください。