紫外線対策だけじゃない! 夏のスキンケアこそ保湿が勝負!

紫外線対策だけじゃない! 夏のスキンケアこそ保湿が勝負!

紫外線対策だけじゃない! 夏のスキンケアこそ保湿が勝負!


初夏からのスキンケアといえば、真っ先に思い浮かぶのが紫外線対策。日焼け止めをこまめに塗り直すことの大切さは、多くの女性に浸透していますよね。

でも、夏こそ保湿が重要だということは、まだあまり知られていないかも? 湿度が高くなる夏場は肌もうるおっているように感じますが、実は意外にも乾燥にさらされているんです。紫外線対策と同じくらい大切な、夏の保湿ケアについてレポートします!


夏肌の内部は砂漠状態!? インナードライにご注意を



夏は、寒い冬に比べて新陳代謝が活発になる季節。汗もかくため、しっとりうるおっているように感じるかもしれません。乾燥よりも、テカリやベタつきが気になる!という方も多いでしょう。

でもそのテカリは、もしかしたら乾燥が招いているものかもしれません。肌は乾燥すると、バリアを張ろうとして皮脂を分泌します。肌の表面は油っぽくても、内部はカラカラに乾燥している、ということは多いにありえるのです。

特に夏は、紫外線、エアコンなどで肌は過酷な環境にさらされています。肌内部のうるおいが不足してくると、表面のバリア機能までもが乱れて刺激を受けやすくなる悪循環に。

テカリやベタつきを気にして保湿ケアを怠れば、ますます乾燥は進行。わずかな紫外線や汗にも敏感に反応し、シミ、シワ、吹き出物などのトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

これこそが、夏に気をつけたいインナードライ肌の正体。インナードライを放置すれば、秋冬の乾燥シーズンにはさらにダメージを大きく受けてカサカサ肌に一直線! 夏の保湿ケアは、秋冬の乾燥を防ぐためにも必須なのです。


基本のケアはやさしく洗って、しっかりうるおす



スキンケアは、通年を通して、洗う、うるおす、の2本柱が基本です。メイクや余分な皮脂、ホコリなどの汚れをきれいに洗い、水分と油分でしっかりうるおいを与えることがすこやかな肌をつくるための大原則!

暑い夏も、この原則に変わりはありません。ベタつくからといって、化粧水だけでお手入れ完了してしまうのはNGです。

STEP1 洗う
汗や皮脂でベタつくからといって、ゴシゴシこすってはダメ。たっぷりの泡でやさしく洗いましょう。肌に必要な皮脂までとりすぎてしまわないように、刺激の弱い洗顔料を選ぶのもポイントです。洗い流すときは熱いお湯ではなく、人肌程度のぬるま湯を使って。

STEP2 水分をチャージ!
洗顔後の肌は、もっとも乾燥しやすい状態。一刻も早く化粧水で水分を入れ込むことが肝心です。ベタつきが気になるときは、油分が少ないさっぱりタイプの化粧水を。顔全体にまんべんなくなじませたら、両手でやさしくハンドプレス。化粧水をしっかり肌の内部へ届けましょう。

STEP3 乳液、クリームでフタをする
化粧水が浸透したら、乳液、クリームなどで水分を閉じ込めます。乳液は両手にとって温めると、肌にすばやくなじみます。テカリのもととなる過剰な皮脂分泌をおさえるためにも、適度な油分を補うことは大切です。


水分&ビタミン補給で内側から輝く肌へ



汗をかくのは代謝をよくするためにも必要ですが、かいた汗をそのままにしてしまうと肌トラブルの原因に。汗が蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪っていってしまうため、乾燥の原因にもなってしまうんです。

汗をかいたらこまめにふきとることを心がけて。また、汗とともに、水溶性のビタミンも流出していきます。水分をしっかり補給すること、夏野菜やフルーツなどからビタミン・ミネラルをきちんととることも美肌づくりの大切なポイントです。

ふっくらみずみずしい素肌をつくるのは、正しい保湿。毎日のスキンケアで、夏枯れ知らずのつや肌をキープしましょ♡