秋のはじまりに美肌を育むためのスキンケア「見直しポイント」3つ

秋のはじまりに美肌を育むためのスキンケア「見直しポイント」3つ

秋のはじまりに美肌を育むためのスキンケア「見直しポイント」3つ



秋の気配が一段と色濃くなってきたいまは、日々のスキンケアを見直すべきタイミング。
湿度や温度など環境が変わるので、夏場と同じスキンケアのままだと、ちょっとした不調を感じやすい人も少なくない頃合いです。
そこで今回は、季節の変わり目の肌不調を防ぐためにも、秋のはじめに見直すべきスキンケアのポイントを3つご紹介します。


見直しポイント1・保湿力



温度や気温が高い夏場に比べ、秋からは、部分的な乾燥やテカリなどに悩まされる人が増える時期。
そこでまず、一番に見直したいスキンケアのポイントは、保湿力です。
日々のスキンケアでは、保湿力は多すぎても少なすぎても肌の不調を招きやすく、その“適量”は個人差がある部分。
それだけに、季節に応じて“自分にとって適切な保湿ケア”を随時見直す心がけが、美肌を育むためには欠かせません。
これまでに使っていた化粧水では保湿に欠けると感じる場合には、ブースターにオイルをプラスする方法もおすすめです。


見直しポイント2・UVケア



紫外線は1年中降り注いでいるので、秋になったからといって、UV対策を怠るのは間違ったスキンケアです。
しかし夏場と比較すれば紫外線の強度自体が弱まるので、これからの時期には、生活スタイルによって、真夏よりもやや弱めなUV対策で問題のない人も少なくありません。
UV対策コスメには、肌への負担が大きいものもあるので「強ければいい」といった類の話でもなく、きちんと対策をしつつも肌への負担は極力抑えることができればベスト。
SPFやPAなどの強度だけでなく、顔に塗ったときの重さや質感なども負担になっていることがあり、これが無用なヨレやテカリを招いている鯨飲にもなりがちです。
自分の生活スタイルを見返しながら、適切な強度や塗り心地のUVケアにチェンジするのも、この時期の美肌づくりに欠かせないポイントです。


見直しポイント3・うるおいの持続力



スキンケアをした直後にはうるおっていたとしても、湿度の低下や冷たい風の影響で、お肌の乾燥を招きやすくなる時期がやってきました。
ですので、スキンケアでは直後の保湿力だけでなく、そのうるおいの持続力も、美肌づくりには欠かせないポイントに。
夏場よりもお肌の水分が蒸発しやすい環境になりつつありますから、より持続力の高いうるおいケアに変えていくことも、美肌づくりに欠かせない時期です。
これまでのスキンケアにこっくりとした質感のクリームを加えるだけでも、うるおいの持続力は格段に上がるはずです。

季節の変わり目には、大幅にスキンケアの内容を変える人も珍しくありません。
そして「そこまでは面倒で……」と感じている人でも、せめて最低限の見直しポイントだけは心得ておくのが得策。
きっと、秋からの美肌づくりにも一役買ってくれるはずです。


 

著者プロフィール
並木まき:一般社団法人 時短美容協会 代表理事。時短美容家。前市川市議会議員。
現職議員の頃に「美人すぎる市議」として多数のメディアに出演した経験から、多忙でも「キレイ」を目指す独自メソッドを研究、普及している。
女性誌やWebメディアなどに連載多数。