夏の間に手入れしておきたい盲点パーツ3選

秋には一気に老け肌!? 夏の間に手入れしておきたい盲点パーツ3選

秋には一気に老け肌!? 夏の間に手入れしておきたい盲点パーツ3選



夏は肌が疲れやすい季節だけに、この時期の疲れを秋に持ち越してしまうと、一気に“老け肌”を招きやすい危険な時期でもあります。
そこで夏場のスキンケアでは“その日の疲れを翌日に持ち越さない意識”も重要です。
そこで今回は時短美容家である並木まきが、秋の老け顔を防ぐために夏の間にしっかりお手入れをしておきたいパーツを3箇所ご紹介します。


1:デコルテ



デコルテは、夏の間に思っている以上の紫外線を浴びている部分ながら、顔よりもお手入れがおろそかになりやすいパーツのひとつ。
ところが紫外線の影響によるシミやシワが出ると、顔よりも目立つと言っても過言ではないほど、老けた印象を与える箇所でもあります。
そこで、秋の老け顔を回避するためには、デイリーのお手入れを欠かさずに行っておくのが鉄則。
ボディでありながらも、顔と同じ美白化粧水などを使ってトータルでスキンケアを行なっておくと安心です。
ゴシゴシと摩擦するように化粧品を塗ってしまうとシワの原因にもなりかねないため、顔同様に優しいタッチでお手入れを。


2:目の下



目の下部分も、思っている以上に夏のダメージが現れやすいパーツです。
外出時には、アスファルトからの照り返しを受けやすい部分でもあり、きちんと日焼け止めを塗っておかないままでいると、シワが発生しやすい傾向もあります。
日常的にUV対策効果のあるファンデーション類で防御しているにせよ、夏の疲れを秋に持ち越さないためには、デイリーのスキンケアでも相応のお手入れが必須。
ただし、目まわりの皮膚は非常にデリケートなため、一般的な美白化粧品が使えないのが難しいところ。
目のまわりに使える表記の美白化粧品を用いて、きちんとケアしておくと安心です。


3:顎下



顎下も目のまわり同様に照り返しによる紫外線ダメージを受けやすいパーツです。
しかし顔のお手入れほどには手をかけていない女性も少なくなく、ここが盲点となって秋の老け肌を招いてしまうケースも。
顎はシワが出やすいことから、顔と同じ美白化粧品を使って、デコルテと同じようにしっかりとお手入れしておくことが大切です。
ちなみに顎周辺は、下に流すようにお手入れしてしまうと“たるみ”も引き起こしやすいため、“下から上へ”流すように化粧品を塗っていくと安心感がUPします。

今回は、日々のスキンケアで盲点になりがちながら、秋にはダメージや年齢が出やすいパーツをご紹介しました。
ぜひみなさんも、今のうちからしっかりお手入れをして、夏の疲れを持ち越さない肌づくりを目指してみてください。

 

著者プロフィール
並木まき:一般社団法人 時短美容協会 代表理事。時短美容家。前市川市議会議員。
現職議員の頃に「美人すぎる市議」として多数のメディアに出演した経験から、多忙でも「キレイ」を目指す独自メソッドを研究、普及している。
女性誌やWebメディアなどに連載多数。