気温が上がってきても「崩れにくいベースメイク」を時短で仕込むコツ

気温が上がってきても「崩れにくいベースメイク」を時短で仕込むコツ3つ

気温が上がってきても「崩れにくいベースメイク」を時短で仕込むコツ3つ


これからの季節、女性の頭を悩ませがちなメイクにまつわるお悩みのひとつに「ファンデーション(ベースメイク)の崩れ」が挙げられます。
気温や湿度が上がってくると、どうしてもベースメイクは崩れがち。
だからこそ、メイク直しをする時間がとりにくい日には、朝のメイクでいかに「崩れにくさ」を意識するかも大事です。
そこで今回は、一般社団法人 時短美容協会の代表理事である筆者が、手間をなるべく省きながら崩れにくいベースメイクを整えるちょっとしたコツをご紹介していきます。


1:数滴のオイルを下地の前に仕込む



ベースメイクの崩れは、うるおいが不足することによっても引き起こされがち。
そこで乾燥しやすい肌質を自認している方ほど、メイクにとりかかる前のお肌の保湿ケアに注力すると、普段より崩れにくい肌を仕込みやすくなります。
具体的には、植物性のオイルを1~2滴、化粧水や美容液、乳液で整えた肌に加え、全体に均等になるように伸ばし、その上から普段と同じようにメイクを。
「夏場にオイル!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、オイルを仕込むことにより、お肌とファンデーションの間に“膜”が作られ、乾燥によってファンデーションがヨレたり剥がれたりするのを防ぎやすくなります。


2:薄づきのルースパウダーで仕上げる



夏場のメイクで「崩れにくさ」を追求しようと思うと、「なるべくファンデーション類を重ねないように」を意識している女性も少なくありません。
しかし油分が多めなBBクリームや、リキッドまたはクリームファンデーションを塗っただけの肌だと、どうしても皮脂や汗と混ざったときに“ヨレ”からのメイク崩れを引き起こしがち。
ですので、メイクが崩れやすい夏場の時期であっても、朝メイクでの仕上げのパウダーは欠かすわけにはいきません。
重めなテクスチャーのパウダーを重ねてしまうと、見た目にも“厚化粧感”が出やすく、塗っていても暑苦しさを感じやすいので、気温が上がってきた時期には薄づきのパウダーがマストに。
薄く均一になるようにメイクの最後にはたき込み、最後に軽くティッシュオフしておくと崩れにくい肌を仕込めます。
さらに、パウダーは細かいラメ感のあるものを選ぶようにすると、見た目にも軽やかに。


3:メイクの最後に使う専用のスプレーを使う



昨今では「メイク崩れしにくい肌づくり」に特化した仕上げ用のスプレーも豊富に出揃っています。
どうしても崩れが気になる場合には、そんな専用スプレーを活用するのも、手軽かつ時短でデイリーメイクの“モチ”をアップするコツに。
メイクの最後にうるおいをチャージできるだけでなく、崩れやすい箇所のベースメイクを密着させてくれる働きも期待できるため、スプレーするとしないでは、メイクの崩れ具合に格段の違いが出ることも。
特に、冷房が効いている室内や気温が高い日の温度差によるメイク崩れには、驚くほどの違いを発揮するケースも多いので、これからの時期、手元に置いておいて損はありません。

メイク直しをする時間がなかなかとれない日には、朝のメイクでちょっとした工夫を取り入れて、“崩れにくい肌”を仕込んでおくのが重要です。
みなさまの朝メイクの参考にしていただければ幸いです。

TEXT/並木まき