マスカラメイクを劇的に美しくする3つのハウツー

旬のまつ毛に!マスカラメイクを劇的に美しくする3つのハウツー

旬のまつ毛に!マスカラメイクを劇的に美しくする3つのハウツー



デイリーメイクにマスカラを使っているけれど「納得できる仕上がりにならない!」とお悩みの女性は、少なくありません。
思うようにメイクができないと「使っているマスカラが、ダメなのかも……?」と、つい新しいものを求めて、さまよいがち。
しかし、マスカラを変えても仕上がりに納得できない場合、原因はマスカラの選び方ではなく、塗り方にあるかもしれません。
そこで、どんなマスカラを使っても欠かせない、“トレンドのまつ毛”に仕上げるハウツーを3選ご紹介します。

 


1:コームはマスト!



このところ、まつ毛のトレンドは、ボリュームよりも長さ重視が続いています。
そこで、どんなマスカラを使うにしても、まずはコームを準備するのが、美しいまつ毛に仕上げるには欠かせないコツに。
一般的に言われている「ダマを防ぐ」といった効果のほかにも「“くし”でとかす」といった働きのおかげで、まつ毛にツヤ感を与えるメリットも期待できます。
コームだとまつ毛の切れ毛が心配な場合には、眉メイクに使うスクリューブラシで応用することも可能です。

 


2:まつ毛がセパレートする下地を使う



下地を使わずにいきなりマスカラを塗ってしまうと、ダマやヨレ、“下がりまつ毛”にもなりやすく、美しいまつ毛メイクに下地はマストと言っても過言ではありません。
下地を使うと「マスカラを重ねたときに、重くなりそう」と避けている人もいますが、昨今の下地は優秀。
むしろ、下地のおかげでまつ毛の太さが均一に整い、上から重ねるマスカラが滑りやすくなり、均一に塗りやすくなる効果も期待できます。
また、まつ毛のカール効果を持続する機能がある下地も多く、下地を塗らないまつ毛にいきなりマスカラを塗るよりも、ナチュラルにカールしたまつ毛が叶いやすいのもメリットです。

 


3:マスカラブラシは、根元だけジグザグに動かす



マスカラを塗る際に、ブラシをジグザクに塗るよう、意識している人も少なくないのではないでしょうか。
この塗り方は全体的にボリュームを出したいメイクでは重宝しますが、ここ最近ブームになっているナチュラルな盛りまつ毛メイクをしたい場合には、少々ボリュームが出すぎてしまい、古臭いメイクになってしまうこともあるので要注意です。
マスカラメイクでは、根元だけにボリュームを出し、先端に近づくにつれ「太さ」よりも「長さ」を意識したほうが今っぽい仕上がりになるので、手もとをジグザグと動かすのは根元だけにとどめたほうが、より美しい仕上がりを狙えます。

「マスカラを買い替えても、納得のいく仕上げにならない」と思っている場合、塗り方を変えるだけで解決することもあります。
まだ試していない方法があったかたは、ぜひトライしてみてください。

 

著者プロフィール
並木まき:一般社団法人 時短美容協会 代表理事。時短美容家。前市川市議会議員。
現職議員の頃に「美人すぎる市議」として多数のメディアに出演した経験から、多忙でも「キレイ」を目指す独自メソッドを研究、普及している。
女性誌やWebメディアなどに連載多数。