夏のメイクに1アイテムプラスするだけ♪ 旬の「秋顔」が手に入るメイク術

夏のメイクに1アイテムプラスするだけ♪ 旬の「秋顔」が手に入るメイク術

夏のメイクに1アイテムプラスするだけ♪ 旬の「秋顔」が手に入るメイク術


昼間はまだまだ暑い日もあるけれど、朝晩はちょっぴりひんやりするようになり、道内は秋の気配。羽織ものやこっくりした色合いの洋服など、ファッションに秋物を取り入れている人も増えてきましたね。真夏は明るめにしていたヘアカラーを、落ち着いた色味にチェンジしている人もよく見かけます。

ただ、秋の準備は万全!と思っているおしゃれさんにも要注意なのが、意外と多い「夏のままメイク」。ぷっくりつやつやの赤リップに、発色ばっちりな濃い目のチーク。夏のお出かけにはぴったりのメイクだけれど、秋のファッションでもそのままだと「顔だけ浮いちゃう」可能性大なんです!

でも、「せっかく夏に向けて可愛いアイテムをそろえたから使い切りたい」という人も多いはず。そこで今回はこの夏のトレンドアイテムに、ちょっと一手間加えるだけで「旬の顔」になれるメイク術を教えちゃいます!

1.この秋旬な唇づくりには ブラウン系のリップをON!


この夏、大流行だった鮮やか発色の真っ赤なリップは、きっとみんな1本はマスト買いしたはず! とっても可愛いし、唇をきれいに見せてくれるのですが、濡れたようなジューシーな質感のタイプは、やっぱり元気いっぱいに見せたい夏だからこそ映えるリップ。

でも安心してください。このリップを使ってとっても簡単に唇を秋っぽく見せる方法があるんです!ボルドーやブラウンといった落ち着いた色味のリップを上から重ねづけしてあげるだけ。手持ちになくて新たに投入する場合は、プチプラアイテムで全然OK!

ポイントは、マット感を出すため仕上げのときに上からティッシュなどで軽く抑えてあげること。ぬり過ぎやブラウン系の方の色が出すぎてしまう場合は、リップから少量の色味を指で取って、唇の中央からふんわり乗せてバランスを取ってあげると◎

2.髪の色とちぐはぐはNG 眉毛は赤みブラウンで秋色に


夏に向けて髪色を明るめカラーにチェンジした人の中には、眉毛も同時に脱色したり、髪色に合わせて染めた人も少なくないはず。ヘアカラーは秋っぽく変えたり、髪色戻しをしたりしていても、眉毛はそのままにしてしまっていませんか?

この秋は引き続き、ナチュラルな太めの眉がトレンドなのですが、髪の色とちぐはぐだと、形は整っていてもどうしても眉毛が悪目立ちしてしまいます。

そこで、さきほどのリップと同様「1カラーをON」して秋色にしちゃいましょう。眉の場合は赤みカラーをプラスするだけ。新たにアイテムを購入するなら、赤茶系のカラーを足しても良いし、今の眉の色が明るすぎないなら手持ちのパレットの中からピンクやオレンジといった赤系統の色を軽く重ねてあげると一気に秋っぽい眉に大変身!

3.今季顔の総仕上げは 「引き算チーク」で決まる


さて、ここまでは今あるアイテムに「プラスα」のお話でしたが、次は旬の顔に仕上げるための「引き算」ポイントを教えちゃいます。

メイクはなんといってもバランスが命。リップと眉のカラーが「今っぽさ」を強調してくれるので、チークはおさえめが◎ 分量や顔に乗せる面積は、いつもの半分くらいでOKです。

慣れるまでは「あれ?ちょっと足りない?」「顔色悪く見えないかな?」と気になっちゃう方もいらっしゃるかもしれませんが、ナチュラルな雰囲気やおしゃれ感が断然アップするので安心してくださいね。

メイクをするとき、ご自身のお顔の正面のアップは何度も鏡でチェックすると思うのですが、ちょっと引いて全体を映してみたり、横顔もチェックしてみると、塗りすぎなどのバランスチェックになるので、おすすめですよ。

 

いかがでしたか?「秋用アイテムをフルメイクでそろえなきゃ!」と気負わなくても、お手軽に秋顔になれちゃう3つの方法。ぜひ試してみてくださいね♪

記事監修:
メイクアップアーティスト
佐々木 摩愛
化粧品会社・ウェディング会社を経て現在droll.にヘアメイクとして所属。
広告、ウェディングを通して女性ならではの感性で抜け感のある柔らかいメイク、その人らしさを引き出すメイクが得意。
http://droll-inc.com/