化粧水を使わないスキンケア!? クリーム美容で肌が蘇った私のイチオシアイテムとは…

化粧水を使わないスキンケア!? クリーム美容で肌が蘇った私のイチオシアイテムとは…

化粧水を使わないスキンケア!? クリーム美容で肌が蘇った私のイチオシアイテムとは…



私には、なるべく肌に余計な成分を与えずに、シンプルで肌に優しい基礎化粧品だけを求めていた時期があります。
ある日、化粧水を使わずにクリームだけを使ったスキンケアをしている方のお話を聞き、元来がズボラ系の私は「手順がシンプルになるのは嬉しい!」と思い、その方法を試してみることにしました。
もちろん「使う商品の違いや、データの取り方など、必ずしもそうではない場合もあるかも」と思いながらも、「クリームだけでいい」という結論を鵜呑みにすることに決めて以来、ずっとクリームだけを使ったスキンケアをしてきています。


皮膚炎の私を救ってくれたのは…


10年前の私は、年齢による肌の状態の変化もあってか、接触性皮膚炎を起こし、皮膚のバリアがすっかり傷ついていて、なるべく余計な成分を使わずに肌を保護するタイプの基礎化粧品を求めてもいました。
皮膚炎の原因が何なのかもわからないので、コスメの含有成分も鉱物や化学成分が少なく、なるべくシンプルなものを選び、一時期は馬油だけを使っていたこともあります。
そして、年齢を重ねるとともに肌の状態はそんなに気を使わなくてよい状態に戻ってきました。
それでも、乾燥にだけは気を付けていて、クリームだけを使用したお手入れを続けてきました。

けれど、毎日たっぷり使いたいクリームとなると、コスメの選択肢が狭まります。
多くのメーカーからは、化粧水、乳液、美容液に加えて、最後の仕上げの濃密クリームなどが出ていますけど、量が少なくてとっても高い!と思っていました。

しかし、クリームの代わりに乳液だけでは、やっぱり乾燥します。ジェルタイプでは、メーカーによっては乾燥を感じることもありました。



そんな私が今回みなさんにおすすめするのが、コーセーの『黒糖精Premium」。年齢が進んできて、もう少しリッチなケアが必要となってきた私が「これは!」と思ったものです。


私がこのクリームを気に入った理由は…


まず、乾燥が怖い私にうれしいのが、うるおい成分です。
成分表を見ると、水の次に多いのが「サッカロミセス培養液」。これは、黒糖と酵母を発酵させてできた成分です。
最近、トレンドの麹甘酒にはまっている私は「発酵」というキーワードに即座に反応しました。この発酵液に、アミノ酸(11種)、ミネラル、有機酸(4種)、ポリフェノール、糖、ポリアミンなど、人工では作れない成分も含まれています。これらの成分には、肌の奥にうるおいをため込む働きがあるそうです。
さらに、含まれているオイルが厳選された植物由来なのも気に入りました。ハトムギ油、茶種子油、玄米胚芽油、紅花油、エゴマ油が入っているおかげか、このクリームは、使った後にしっかりと肌の潤いを感じます。



クリームの中に見える黄色いつぶつぶは美容液カプセル。なじませているうちに、いつの間にか崩れて、肌にじっくりと角質層に浸透している気がします。

洗顔後には、このクリームひとつで、化粧水、乳液、美容液、クリーム、美容オイルなどのスキンケアが完了するオールインワンタイプ。たっぷりと使えば、パックにもマッサージクリームにもなります。

ということは、一つで7役もこなしてしまうというパーフェクトジェルクリームということ!

使われている成分は純国産で、ここも私には評価が高いポイントです。これからも、ずっと長く付き合っていけるクリームにやっと出会いました!
ぜひ、みなさんにもおすすめしたいほど、お気に入りです。


幸健美歯科クリニック事務長/あごずれ・かみ合わせアシスタントアドバイザー 佐藤真弓