何から買い足せばいい?使うだけで旬の「秋メイク」になるコスメ3選

何から買い足せばいい?使うだけで旬の「秋メイク」になるコスメ3選

何から買い足せばいい?使うだけで旬の「秋メイク」になるコスメ3選



メイクで秋らしさを取り入れるにあたっては、限られた予算を上手に使ってコスパよくアップデートを図りたいのも、多くの女性の心理。

なるべくお金をかけずに秋らしさを感じるメイクが手に入れば、ちょっと得した気分にもなりますよね。
そこで今回は、秋メイクにアップデートするにあたり「これだけ揃えておけば、まずは大丈夫」な旬のコスメ3アイテムをご紹介します。

 


1:ブラックのにじみにくいアイライナー



2018年の秋には、久しぶりに「囲み目メイク」がリバイバル。

アイシャドウやアイラインでぐるりと目のまわりを囲み、インパクトを出す目ヂカラメイクにも、注目が集まっています。
そこでぜひ手元に置いておきたいのが、にじみにくさに定評のあるアイライナー。
オールマイティに使いこなせるブラックであれば、どんな色のアイシャドウの日にも使いやすく、20〜30代の女性に重宝します。
太いラインで囲み過ぎてしまうと、少し昔の“ギャルメイク”のようになりやすいため、できれば、細いラインを描くのに適しているタイプが便利です。

 


2:ブラウン系の口紅



夏の終わり頃からじわじわと人気が出ているブラウン系リップは、この秋のリアルトレンド。

口もとの色を変えると、メイクに季節感が出やすいので、秋仕様にメイクをアップデートするにあたっては、ハズせないアイテムでもあります。
濃いめの発色が特徴的なブラウンは、手持ちの口紅に重ね塗りするだけでも、“秋らしさ”が出せる便利な色みなので、夏までに買って使い切っていない口紅がたくさんある人ほど、まずは濃いめブラウンをゲットしておくと、なにかと重宝します。
ただし、濃いめのブラウンは単色で塗ってしまうと、ハロウィンメイクのようにインパクトが強すぎてしまうこともあるので、初秋の間は“重ね塗り専用”として用いると、失敗が少なくなります。

 


3:グリッター感のあるブラウンアイシャドウ



今年の秋には、グリッター感のある目もとメイクにもじわじわと注目が集まっています。

他方、これまで定番として人気があったブラウンメイクもそろそろ見飽きた頃ながら、オールマイティに使えるブラウン系アイシャドウは「やっぱり便利!」の声も多く、根強い人気です。
そこで、秋メイクにアップデートするにあたっては、使い慣れたブラウンの色みでグリッター感や濡れ感が出るアイテムを選ぶのもおすすめ。
慣れている色だけに奇抜なメイクには見えにくく、グリッター感が今年らしさを出してくれるので、旬のメイクに見せやすいです。

秋のはじめは、リアルにトレンド感があるアイテムを賢く揃え、コスパよくアップデートを狙いたいタイミング。
「まずは、何から買い足せばいいの?」と思っていた女性は、ぜひ参考にして見てください。

 

 

著者プロフィール
並木まき:一般社団法人 時短美容協会 代表理事。時短美容家。前市川市議会議員。
現職議員の頃に「美人すぎる市議」として多数のメディアに出演した経験から、多忙でも「キレイ」を目指す独自メソッドを研究、普及している。
女性誌やWebメディアなどに連載多数。