だから乾燥してたのか!冬にやってはいけないNGスキンケア

だから乾燥してたのか!冬にやってはいけないNGスキンケア

だから乾燥してたのか!冬にやってはいけないNGスキンケア



冬になり、肌が急速に乾燥していませんか。美肌のためには季節に合わせたスキンケアが重要です。冬にやりがちなNGスキンケアを知って、大切な肌を守りましょう。


肌が乾燥する原因は肌の保湿成分の不足


肌は本来、角層にある天然保湿因子や細胞間脂質(セラミド)によって潤いを保っています。さらに、肌表面を皮脂膜が覆うことで、水分の蒸発を防いで保護しています。

1. 天然保湿因子が不足すると、角層の水分が減少し、角質が剥がれる
2. 肌の表面を保護・保湿している皮脂膜が減少すると、肌の保水力が低下する
3. 角層が乱れていると、真皮の保湿成分が角質の隙間から出てしまう


冬のNGスキンケア


空気の乾燥や間違ったスキンケアによって、肌の保湿成分を減少させてしまいます。



冬は暖房を使うことによって、お部屋の中の空気が乾燥してしまっています。加湿器を使用したり、洗濯物を部屋に干したり、鍋にお湯を張って部屋の湿度が60%以上になるように加湿しましょう。ほかにも、葉の大きな観葉植物を置くのも良いですよ。

今回はNGスキンケアをご紹介します。


1、41度以上のお湯を使っている


寒い時期には、熱いお湯を使いたくなるのですが、41度以上のお湯は肌に必要な皮脂も流れ落としてしまいます。

また、傷ついた組織を修復してくれる「ヒートショックプロテイン」というタンパク質は、体温+2度で産生効率がよくなるといわれています。

寒くても38度〜40度までにして、炭酸入浴剤などを使って体感温度を上げる工夫をしてみましょう。


2、毎日丁寧に洗っている

気温が低いと、体を温めるために毎日入浴するようになりますよね。体の汚れは入浴するだけでも十分落ちています。

泡で毎日洗うと、肌に必要な皮脂が不足して、天然保湿因子も流出してしまうので、脇・股・足などの汚れやすい部分だけにしましょう。


3、浴室が冷えている

気温が下がると、浴室も寒くなりがちです。リビングからの急劇な気温の低下があると、毛穴がキュッと引き締まって、毛穴の汚れが落としにくくなってしまいます。

入浴前に浴室を温めておくか、体の汚れを簡単に洗い流した後、湯船で体を温めてから洗顔をしてみてください。


4、日焼け止めを使っていない


夏の間は頑張って紫外線対策していたのに、冬になると怠ってしまう人がいます。

夏に比べると日照時間は短くなるのですが、肌を老化させる紫外線A波は、年間を通して夏場の半分近くにしか下がりません。特に雪が積もっていると、紫外線を90%近く反射します。

紫外線のダメージは『紫外線の強さ×紫外線を浴びた時間』です。少ない紫外線量でも、紫外線を浴びる時間が蓄積するとダメージも大きくなってしまうので、冬でも紫外線対策は必要です。
自分がしている冬のNGスキンケアはいくつありましたか。冬の肌トラブルは季節に合わせたスキンケアで改善するものが多いので、ぜひ試してみてくださいね。


ライター:MEGUMI
4児のワーキングママです。

看護師(国家資格)免許取得。
総合病院勤務を経て、皮膚科・美容皮膚科クリニックで専門性を深める。

現在、看護師として働きながら、主に医療・美容関係の記事を執筆。