【売れ筋ランキングvest3】 デンタルケア編

【売れ筋ランキングvest3】 デンタルケア編

【売れ筋ランキングvest3】 スキンケアするようにデンタルケアしよう!今一番サツドラで売れているデンタルケア商品って?



実は若い女性にも多い、こわい歯周病。


歯周病なんて中高年以降の病気。自分にはまだまだ関係ないと思っていませんか。ところが厚生労働省の調査によれば、歯周病はなんと20代の7割、30代の8割がかかっている病気なんです。日本人の成人では約8割がかかっていて、歯周病でない人を見つけるのが難しいほど。しかも虫歯のように痛みがないので、知らないうちにかかっていることが多い病気です。そして実は男性より歯周病のリスクが高いのは女性。これは女性ホルモンには歯周病菌の一種を増やしてしまったり、歯茎の炎症を悪化させる働きがあるためと言われています。例えば生理の前などに歯茎が腫れた経験はありませんか?これも女性ホルモン変動の影響なのです。


歯周病になりやすくなる妊娠中。早産や低体重児の危険度も!


女性ホルモンが大量に分泌される妊娠中は、女性の一生の中でも最も歯周病にかかりやすい時期です。つわりで食欲が落ちると唾液が減るので口内環境が悪化。また歯磨きが充分にできない日が続くと、歯周病が進行してしまいます。そして歯周病は生まれてくる赤ちゃんにも深刻な影響があることを知っていますか?妊娠中の女性が歯周病にかかっていると低体重児や早産のリスクがなんと7.5倍にも高まることがアメリカ歯周病学会で発表されています。これは煙草やアルコールなどよりも高い数字。自分のためにも赤ちゃんのためにも妊娠中のデンタルケアはとても大事なんです。


歯美人になれば、笑顔ももっときれい。


歯周病予防のためだけでなく、トラブルのない健康な歯茎や白く輝く歯は、見た目の印象のためにもとても大切です。デンタルケアの基本は毎日の歯磨き。特に食後は口内が酸性になり歯の表面が溶けやすくなっています。食べてそのままでは口内のリスクが高まるので、その都度清潔にするように心がけましょう。口に何か入れたら歯磨きするのがベストですが、間食の時などは難しいですね。そんな場合は糖分を含まない飲み物を組み合わせたり、着色の原因になりやすいコーヒーや紅茶の後は水を飲むのもおすすめ。


今売れているのはこれ! 人気の歯磨き粉ランキング 


①オーラ2 ストライプペースト 140g

2つのカルシウムパウダーが歯垢のもとをしっかり除去。さわやかなシトラスのフレーバーで、気になる口臭も防ぎます。


②NONIOハミガキ クリアハーブミント 130g


ステインを浮かして落とし白い歯に。口臭の原因を抑え、さわやかな息をキープします。


③薬用シュミテクト 歯周病ケア増量 99g

冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏を防ぐ働きに歯周病ケアをプラス。歯と歯茎の健康をまもります。


 

※ランキング結果は2017年9月度のサツドラ調べとなります。