「ライスミルク」成分で満たされ肌に…1ヶ月で美白肌を実感したスキンケア

「ライスミルク」成分で満たされ肌に…1ヶ月で美白肌を実感したスキンケア

「ライスミルク」成分で満たされ肌に…1ヶ月で美白肌を実感したスキンケア

筆者は仕事柄、徹夜で仕事をすることが多く常に睡眠不足で、肌が赤みを帯びたり、ブツブツができたりしていました。
「なにかいいコスメはないかな」と探し続けていたものの、納得できるほどのアイテムには出会えない毎日が続いていました。

そんな時に『バリアリペア』を発見。「多忙な現代女性のためのスキンケアシリーズ」というキャッチコピーに強く惹かれ、さっそく詳しく調べてみると…!

「忙しい毎日の中で、外部刺激やストレスによって起こる一時的な肌不調=劣肌に着目。劣肌とは年齢による老化現象ではなく、頑張りすぎたり忙しかったりするときに肌バリアが乱れることでハリや透明感が不足した肌です」とのこと。

これはまさに「今の筆者の肌状態にピッタリなスキンケアシリーズ!」と、早速試してみることに!

ストレスによる劣肌をなんとかしたい!『バリアリペア』を試してみました


しかし、私にはもう一つ気になることが…。
もともと相当なトラブル肌で、オーガニックなどの自然由来の成分でないと肌荒れしてしまうので、配合成分にはかなりの気を使っているのです。

そこで、続いて成分を見てみると…。

「無香料、無着色、パラベンフリー、無鉱物油、アルコールフリー」との記載。さらに、玄米由来の保湿成分「ライスミルクコンプレックス」という成分が含まれていて、肌バリアに欠かせないうるおいを与え、油水分バランスを整えることで肌本来の働きをサポートしてくれるとのこと。

普段から日本酒でつくられた化粧水を使用しているほどナチュラル処方にこだわっていますが「これなら、きっと肌に合うだろう」と思い、安心して試してみることにしました。



今回は「導入美容液」「美容化粧水」「美容クリーム」のセット使いです。
プライマルブースター<導入美容液>・エッセンスローション<美容化粧水>・コンセントレートクリーム<美容クリーム>の3つを使って、丁寧な保湿を心がけてみました。

バリアリペアシリーズを使ったケアのステップとしては、洗顔後に、プラスワンケアとして導入美容液の「プライマルブースター」を使い、そのあとにベーシックケアの美容化粧水「エッセンスローション」と美容クリームの「コンセントレートクリーム」という流れで保湿をしていきます。

導入美容液「バリアリペア プライマルブースター」



洗顔後、最初に使う導入美容液は、真っ白でしっとりとした乳液のようなテクスチャーですが、思ったよりもするする伸びて肌にしっかり馴染んでくれます。肌がしっとり柔らかくなって、次に使う美容化粧水もしっかり吸い混んでくれる感覚です。



美容化粧水の「バリアリペア エッセンスローション」は、大きめの容器で片手でも開けられる便利なタイプです。とろみのある美容液のようなテクスチャーですが、導入美容液(プライマルブースター)を使用後だからか、とても伸びて浸透する気がします。

角質層の油水分バランスの乱れを整える効果があるらしく、ふっくらとしたみずみずしい透明感のある肌になった気がします!

最近、一カ月ぶりに会った知人には「肌が白くなったね」と言われました。
嫌なベタつきは無く、油水分のバランスが整っているおかげか化粧ノリもよく好感触で、嬉しい使い心地です。



美容クリームの「バリアリペア コンセントレートクリーム」しっかりとしたテクスチャーのクリームです。3つのうちで保湿力が最も強く「プライマルブースター」や「エッセンスローション」の潤いを閉じ込め、肌に膜をはってくれる感覚です。

密封感はなく、やさしい使い心地。少量でも伸びが良く使いやすいクリームで重ね付けをしてもベタベタしないので、目元や口元は重ね付けがお勧めです。
このクリームのパワーで保湿力が高まり、しっかり乾燥から守ってくれる気がします。



バリアリペアシリーズは、多忙な女性や敏感肌・トラブル肌の女性のほか、乾燥が気になる女性や自然派が好きな女性まで、どんな人にもとってもオススメできるシリーズ。

肌に優しい成分が配合されていて保湿力も高いのに、コスパが良いのも魅力的な最強のスキンケアシリーズです♪

グラフィックデザイナー/ダンスインストラクター 坪田 知紗